Monday, 2 January 2017

あけましておめでとうございます(London年越し花火)


あけましておめでとうございます。2017年が皆様にとって幸多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。


大晦日はロンドンの年越し花火へ。チケットは既に売り切れていたので正面からは見られなかったけれど、トラファルガー広場の近くから上部が綺麗に見えた。あの日、一体どこから見ていたんだろうと調べてみたのが下の画像。次の大晦日、チケットは買わないで見たいともう決めている人がいたらおすすめです。(ブランケットやお尻に敷く物を忘れずに!)


前日に調べたら開始が19:30、終了が00:15となっていて「さすがに花火5時間もしないよねえ」と話していたら案の定19:30になっても20時になっても花火は始まらない。そばにいた警察官に尋ねると「花火は0時にならないと始まらないよ」と。そこから歩いてレストランを探すもどこも予約でいっぱい。Charing Cross、Covent Garden、Leicester Squareとぐるっと歩いてようやくPiccadilly Circusにあるインド料理屋に入れた。去年、イギリスに留学していた後輩が大晦日にインド料理を食べていたのを笑っていたけれど、身を以て学びました。大晦日はインド料理屋しか空いていないのだということを。店を出た頃には22時もすぎており、最初いたトラファルガー広場近くに戻ることに。20時ごろと比べて、道を埋め尽くすほどのすごい人。London eyeもいろんな色に光っていて、大晦日仕様。




いよいよカウントダウンのとき、"Three, two, one"といくべきところを近くにいた人がなぜか"one, two, three, four, five..."とカウントし始めて"seven eight nine-tehappy new yearrrr!"というなんとも言えない仕上がりに。それでも花火はやっぱり美しく、みんな幸せそうだった。
何はともあれ無事に年を越せて良かった。

花火の後はものすごい人の雪崩。警察が通りを封鎖していたり、駅も限られた場所しか開いていなかったりしたので1時間ほど歩き続けてやっとバスに乗れた。大晦日のロンドンは23:45から翌朝4:30まで公共交通機関が無料になる。クリスマスは全部止まっていた反面、随分太っ腹だ。2時過ぎに家にたどり着き、泥のように眠った。

video


🇬🇧本日も読んでいただきありがとうございました。
「イギリス情報」と書かれたバナーをクリックしていただけると励みになります💂
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

No comments:

Post a Comment